協議会の活動

荻窪地域区民センター協議会は、荻窪地域内の町会・自治会・商店会、小・中学校PTA、青少年育成委員会、民生委員など諸団体からの推薦と公募によるボランティア30名前後の委員により構成され杉並区の財政支援を得て、自主的に活動する団体です。

委員の任期は1期2年で2期を限度とし、住民自治のもとに、地域住民の相互の交流と活動の拡大を図り、地域の豊かなまちづくりを進めるための様々な活動を行っています。

会の運営は、会長、副会長、会計監事、総務部、地域交流部、広報部、事業企画部、センターカレッジ部に分かれて行われ、各種学級講座や講演会、センター祭り・本天沼集会所祭り・アート展の集団事業、防災フォーラム・音楽祭などの協働事業の開催、広報誌発行やホームページの運営など、地域のコミュニティ形成に必要な事業を行っています。

定期総会は年1回、委員会・役員会は月1回、各部会は毎週火曜日に行っています。また、センター祭りやアート展などのイベント開催等の折には、必要に応じて定例部会日以外にも活動を行っています。

協議会では、「下記のエリアマップにある荻窪地域に在住の皆さまでこうした活動を企画・運営していただけるボランティアの方」を募集しています。

 

協議会40年のあゆみ(活動報告書第20号 平成31年3月発行より転載)